発見!ちばひめが鳴くけやき

8月22日のお多福日記『常陸の昔話 空海』を覚えていますか?『常陸の昔話 空海』はこちら

常陸(今の茨城県)のある町の弘法大師(空海)にちなんだ昔話で、ちばひめというせみが毎年7月23日にいっせいに鳴き出す大きなけやきの木があるそうなんです。

どうやらその常陸のある町とは常陸太田市らしということで、ちょっと探してみちゃいました!ありましたよ!それらしき大きなけやきの木!そのけやきは県指定の天然記念物で、常陸太田市立図書館のカードのデザインにも使われている若宮八幡宮の大けやです。早速写真を撮ってきました。来年の夏、7月23日に、このけやきの木から『ちばひめ』の声は聞こえるでしょうか?

  PhotoPhoto_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常陸の昔話 空海~

  

この柳田国男「日本の昔話」のお話......

茨城県常陸(たぶん常陸太田だと思います)。弘法大師(空海)が百姓の家に宿を乞うたが、身なりが悪いので、主人は断ったとさ。あとで弘法大師だとわかり、欅(けやき)の大木に登って「弘法様よーい、弘法様よーい」と一心に大声で呼んでいるうちに、「ちばひめ」いう蝉になったという。今でも7月23日になると、欅の大木にこの蝉が集まって高い声でなくのは、この日が弘法大師がまわってこられた日だろうということだそうな。

今年はもう8月も22日.....来年こそは7月23日欅の大木を見学に行こうと思います。耳を澄ませば、「弘法様よーい、弘法様よーい」と聞こえるかも(^^)まだ見ぬちばひめを一度見てみたい。

この時期の蝉はアブラゼミ!お多福でも「ジージー」とうるさいくらい。鳴き声がジー、ジリジリジリ…と、油で揚げものをする音ににているから、アブラゼミと名づけられたという説と、羽がすきとおっておらず、油紙のように油がしみた感じだからだ、という説があるそうです。

毎日暑い日が続きます。「暑いですねぇ」といいつつ、長袖やベストを着ているお年寄り。熱中症に気をつけましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

足踏みミシン

デイサービスお多福に 昔なつかしい 足踏みミシンが地元の方のご好意でやって参りました。「シンガー」製の足踏みミシン若干汚れていたので 利用者さんときれいに拭きあげミシン油を差しながら ミシンの調子を確認 「これ動きそうね!」そんな一言で 早速雑巾作りが開始されました。僕もやってみましたが 難しいですね~!P6290577 P6290579 P6290584 そんな一コマです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)