« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

本年もありがとうございました(^^)/

bleah今年の大掃除ありがとうございます。

今回は長年障子貼りを手伝っていただきました。

「障子は縦にして貼りましょうねconfident

「のりは少し緩めがいいですねconfident」と準備も的確にスタッフに指示していただきました。

Dscn8375_2


Dscn8386

「アッ」という間の真っ白な障子紙を貼り終えました。

Dscn8387_5


手前で障子を支えている方は奥様で障子紙を貼りっている方はご主人です。

「ここ持ってましょうね。大丈夫ですかお父さん」と言葉をかけながら優しく見守って

います。

共同作業です。happy02

ともてもほんわかした時間でした。

障子紙を貼り終えたら最後に霧吹きをかけのちに「パリッ」と張りが出てきれに仕上げて

くれます。

本年もお多福ブログご愛読していただきありがとうございました。

来年よろしくお願いしますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいご利用者さんは・・・

ご無沙汰しております。

今年の冬は暖かい!と話していたところに、急な寒さで体調も崩しがちですね。インフルエンザや胃腸炎などで、体調を崩す方も多いようですね。皆さま、ご自愛くださいませ。

さて、最近、茨城町に新しいご利用者さんがいらっしゃっています。

それがこちら・・・

Fukunosuke


まだ、若い男の子の猫ちゃんです。

「何だかニャーって鳴いてないかい?」「お腹空いてるんじゃないの」などなど、利用者さん達も気になります。入れ替わり立ち代わり、縁側から外を眺めます。その度に「ニャ~」とかわいく鳴きます。

丁度その日は、お魚のメニュー。「これあげようかな」と残した皮を持ってくる方も。

その日から、毎日、朝とお昼におやつとお水をもらいに来るようになりました。名前は「福之助くん」です。

現在、慣れてきたら病院に連れていき、健康診断と去勢手術をして地域猫(さくらねこ)として返したいと考えております。こういった取り組みで、野良猫が減っていけばいいな~と考える管理者なのであります🐈

★「さくらねこ」とは、野良猫を保護し避妊・去勢手術をした後に地域に戻します。その手術の時に、耳の先をカットすることで、目印をつけるのです。その耳の形が、桜の花びらのように見えることから、こう呼ばれています。動物病院の中では、さくらねこ活動の為に、手術費を一部負担してくださるところもあるんです。

「昔は野良猫なんてい~っぱいいたけどな。そんなこともできんのか。」とこのお話をした利用者さんはにっこり応援してくださいました(o^―^o)ニコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »